クラウド時代のネットワーク監視ツール
「ZDX」のご紹介
- Digital Experience Monitoringテクノロジー活用のすすめ -

オンラインウェビナー:2020年10月14日(水)15時開始(16時終了予定)
※会期後はオンデマンドでご視聴いただけます。ご登録のメールアドレスにリンクを送らせていただきます。

リモートで働くことが通例となっていくニューノーマルにおいて、今までのネットワークモニタリングツールでは状況を把握できないまま、リモートユーザの報告する遅延や障害などについて切り分けに時間を要することとなります。今後はDigital Experience Monitoring (デジタル体感の監視)技術を活用することで、トラブルシューティングやエンドユーザへの対応をより効率よく行うことが求められます。

Zscalerはユーザの端末とアクセス先となるインターネットやアプリケーション(クラウドやオンプレミス)までの経路においてボトルネックとなるポイントを可視化します。 今回のWebinarではZIA/ZPAを補完する新しいサービス、ZDXについてご紹介いたします。

本ウェビナーのポイント:

  • ZDXで得られるメリット
  • エンドツーエンドでの透過性とエンドユーザ端末、SaaSやその他のクラウドアプリケーションにおけるモニタリング
  • ZDXの活用事例とデモのご紹介


講師:

髙岡 隆佳 
ゼットスケーラー株式会社 エバンジェリスト&アーキテクト

セキュリティ業界で18年の経験を活かし、製品やソリューションに捉われない、セキュリティ投資の方向性について啓蒙活動を実施している。2019年よりゼットスケーラーのエバンジェリスト&アーキテクトとして、国内大手企業に対して、クラウドセキュリティによるリスク削減や課題解決のための支援を行っている。また、クラウドセキュリティアライアンス(CSA Japan)SDP WG にてゼロトラストモデル実装の啓蒙にも尽力している。

オンデマンド視聴登録