ホワイトペーパー
ThreatLabz:2021年版暗号化された攻撃の現状

HTTPSトラフィックは安全でしょうか?

「いいえ」というのが端的な答えです。今年、暗号化されたトラフィックの中の脅威は314%増加しました。現在、オンプレミス・オフプレミスを問わず、すべてのトラフィックをインスペクションすることが重要となっていますが、多くの企業が暗号化された脅威の阻止には苦慮しています。

ThreatLabzの最新レポート『2021年版暗号化された攻撃の現状』では、暗号化された脅威の状況がどのように進化してきたか、またそれに対してどのような対策を講じるべきかを紹介しています。2021年1月から9月までの間、Zscalerのクラウド上の暗号化されたトラフィックを分析し、その過程で207億件のHTTPS上の脅威をブロックしたことから得られた知識をお読みください。

内容は以下の通りです。

  • 攻撃対象となった業界または地域。技術系企業は23倍増加
  • 最も一般的な攻撃ベクトルであるマルウェアは212%増
  • ゼロトラスト戦略で暗号化攻撃を阻止する方法


以下のフォームに入力してください