レポート

2022年版 ThreatLabz
データ流出に関するレポート
企業におけるデータ共有の傾向やリスクとその管理方法

適切なユーザーだけがデータに簡単にアクセスできるようにする必要がありますが、クラウド アプリケーションのデータのうち36%がインターネット経由でアクセス可能な状態であることが明らかになりました。また、平均して、組織は1日1万件のデータ流出のポリシー違反に対処していることも判明しています。

2022年版 ThreatLabzデータ流出に関するレポートでは、一般的な脆弱性、新たな攻撃手口、脅威の最新状況など、現代のデータ セキュリティが抱えるさまざまな課題について検証しています。これには、以下が含まれます。

  • 最も深刻なデータ流出につながるアプリ、アクティビティー、攻撃のほか、最も危機に直面している業界
  • データを利用した脅迫やサプライ チェーン攻撃の継続的な増加など、脅威の進化に関するZscalerの予測
  • データ保護プログラムの構築と最適化において、データのセキュリティと衛生管理を最大化する10のベスト プラクティス
  • Zscaler Zero Trust Exchange™が、完全なインラインでのデータ制御やMLを活用した分類などで機密データを保護する方法

ThreatLabzチームが1兆件のデータ ポリシー違反を分析し、導き出したすべてをご確認ください。どのデータがどこに流れているのか、誰がそれを狙っているのか、そして生産性を低下させることなくどのようにリスクを軽減できるのかを明確に把握することができます。


フォームの入力