2021年版
エクスポージャ・レポート
企業ネットワークのエクスポージャの実態を明らかにした、世界初の調査レポート

世界規模のパンデミック禍において広がるリモートワークの移行に伴って、攻撃対象領域拡大の影響について、初めて本レポートで明らかになりました
– エクスポージャ・レポート2021年版

ほとんどのビジネスがインターネット上で進行していることもあり、リモートワークの増加によって、ユーザやデバイス、アプリケーションの保護は、より一層困難な状態になりました。クラウドやモビリティによって拡張性が向上する一方で、サイバー犯罪者がユーザやリモートアクセスVPNを標的にするようになったことで、攻撃対象領域も大幅に拡大しています。このリスクを軽減するには、ネットワークのインターネットへのエクスポージャを最小限にするために、ITリーダーが対策を取る必要があります。

foc_jp_speaker_zs05.jpeg

本レポートでは、1,500の組織の攻撃対象領域を分析し、あらゆる地域のあらゆる規模や業種の企業に影響するトレンドをまとめました。以下のような内容について記載しています。

  • 企業規模に基づく攻撃対象領域の影響について
  • 攻撃対象領域が最も広い国はどこか
  • エクスポージャが大きい業種とは

フォームにご入力ください