今、94%の企業がVPNがサイバー犯罪者の標的になっていることを承知しながらも93%の企業がVPNを利用しているという状況に陥っています。

2021年版VPNリスクレポートでは、現状のリモートアクセス環境や、VPNの状況、増加するVPNの脆弱性、今後リモートアクセスがどう変化するか等、350名のサイバーセキュリティ専門家による知見をまとめました。

本レポートのポイント

72% の企業が、セキュアな環境を維持するにあたってVPNがITのポテンシャルを妨げるのではないかという懸念を抱えています

67% の企業が、VPNの代替となるリモートアクセスソリューションを検討しています

72% の企業が、ゼロトラストモデル導入を高優先度にしています

フォームにご記入ください